MENU

  * 看護師にうつが多い理由
  * 看護師が太りやすい理由
  * 看護師の勤務時間について
 
おすすめ記事

  * 患者からの暴力に労災がおりるのか
  * 患者と看護師の関係について
  * 患者の名前が覚えられない症状

医者と看護師と患者と



仕事中に暴力を受けた患者は労災認定される?

患者で、上司や同僚との口論の末暴行に発展しケガを負った等の職場でのトラブルによる暴力は労災認定されるでしょうか?その暴力が仕事に関連して起きた物であるのならば認定されます。しかし個人的な私怨や患者同士当事者間の私的関係に原因のある場合は認められないでしょう。認定されるかどうかは暴力が起きた事情や原因、時間や場所患者の職務など総合的な面から判断し検討されます。勤務時間外や双方が取っ組み合う喧嘩も仕事との関連性は失われるので難しいでしょう。ただしこの場合正当防衛は別になります。業務上災害と認められる例として例えば上司が立場上業務遂行中に注意を与えたところ、逆上した部下によりトラブルに発展し殴られた、等といった場合には認められるでしょう。とはいえ個人では判断が難しいと思うので、まずは職場の労働組合に相談してみるのがベストだと思います。組合がない、または機能していないといった場合でも社外の労働者支援団体へ相談されることをオススメします。




© 医者と看護師と患者と All Rights Reserved.